太陽光発電は家庭用と事業用のどちらが良い?


家庭用と事業用の違いとは

太陽光発電をして売電による利益を得る方法がよく注目されるようになりました。その際に重要になるのが家庭用の太陽光発電システムを使うか、事業用のものを使うかです。売電を目的としているときには重要な観点で、固定価格買取制度の適用のされ方が異なります。固定価格買取制度では家庭用の場合には10年間、事業用の場合には20年間にわたって一定の価格で電力を買い取ってもらえるのが特徴です。家庭用の方が期間が短いですが、買取単価は高くなっているのが短い期間で大きな利益を得ることができます。長期的に太陽光発電で稼ごうとするなら事業用の方が優れているでしょう。

家庭用と事業用では規模に大きな違いもあり、家庭用に比べると事業用の方が大規模で初期費用がかかります。このような違いがわかると太陽光発電による売電で利益を得たいときにどちらを選んだら良いかを考えられるでしょう。

選ぶ際の基本的な考え方

太陽光発電システムとして家庭用と事業用のどちらを選ぶかは資金がどれくらいあるか、利益をどのようにして上げたいかによって決めるのが大切です。初期費用をあまり負担できないなら家庭用しか選択肢になりません。また、投資できる期間が短い場合には利益を上げやすいのは家庭用です。しかし、長期的にじっくりと稼ぎたいという希望があり、資金的にも余力があるなら事業用が適しています。このような視点で家庭用と事業用を比較してみると、自分に合っているのはどちらなのかを見出せるでしょう。

太陽光発電は環境にやさしい発電方法として人気がありますが、太陽光発電の価格は年々さがっており、設備導入は手が届きやすい価格になってきました。